2007年07月14日

勤続年数

住宅ローンの審査基準

日本代表の巻選手が入籍されたそうですね。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/59113

さて、

今回は住宅ローンの審査基準のひとつである「勤続年数」です。

住宅ローンを組む場合、勤続年数の基本は3年以上です。といっても最近は2年でもOKというところも増えてきたようですし、中には勤続年数は問わないというところも出てきています。

中には、大学講師が勤続大学を移籍したために勤続年数がゼロに戻ってしまったなんてケースもあります。いってみれば松坂大輔が西武からレッドソックスに移籍したために勤続年数ゼロにされてしまったようなものです。

また、転職暦がある場合はその理由も聞かれたりします。前向きな理由を考えておきましょう。

住宅ローンの審査基準は一つひとつクリアしていけばむずかしいものではありません。
posted by 審査パス at 01:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 住宅ローンの審査基準の詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

住宅 ローン 審査 基準 その1
Excerpt: 住宅ローン審査基準とは? 住宅ローンの審査 分析サイトじつは自営業・派遣社員・契...
Weblog: 住宅 ローン 審査 基準
Tracked: 2007-07-16 10:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。