2007年07月23日

住宅ローン金利が上昇し続けている

もはや低金利時代とはサラバなのだ!

3年間だけ1パーセント!みたいな数年間の低金利に釣られている時代ではない。そんな商品を宣伝しているような住宅ローン会社は顧客のことを軽視しているとしか思えない。顧客メリットとは出来るだけ低金利で長期固定なのだ。

(NIKKEINETより)
 住宅ローン金利が上昇し続けている。大手銀行は7月から固定型金利を前月より0.1―0.25%引き上げ、3年物は約12年ぶりの高水準になった。7月に入っても判断材料の長期金利が上がっており、この水準が続けば8月も0.1%ほど引き上げる可能性が高い。大都市圏では地価も上昇し続け、住宅購入を考えている人の負担感が一段と増してきた。

 固定型住宅ローンの2、3割を占める3年物でみると、三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそなの金利は現在年3.4―3.5%。この1年間で0.7%ほど上昇した。日銀が量的緩和策を解除した昨年3月ごろから上がり始め、上昇幅は1年数カ月で約1%になった。3年物とともに主力の10年物は年4.2%前後で1年前に比べて0.5%ほど上がった。(07:00)http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20070709AT2C0701907072007.html

posted by 審査パス at 00:23| Comment(1) | TrackBack(0) | グッドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。