2007年07月24日

住宅ローン審査とアパートの家賃

住宅ローン組むからといって、なにも新しい家を買う必要はないんですね。

築10年くらいの中古の家ならとても安く買えて、アパートの家賃程度の住宅ローンの支払いで済みます。

今のアパートの家賃と、住宅ローンの毎月の支払額を比較してみて、同じくらいなら銀行も安心して貸してくれます。つまり住宅ローンの審査に通りやすいわけです。

ところが、今のアパートの家賃が5万円で、組もうとしている住宅ローンが毎月10万円だと銀行も「大丈夫ですか?」と心配になるわけです。

ですから、中古の家を買って住宅ローンの毎月の支払額を低くするのも、住宅ローン審査に受かりやすくする手段の一つかもしれません。
posted by 審査パス at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンの審査基準の詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。