2011年08月09日

収入減での住宅ローン減免方法

ボーナスが、給与が・・・減った・・・
住宅ローンが払えない・・・

そんなとき、

「毎月に支払いを減額して!!」
「金利を下げて!!」

ってお願いするのが、法律で認められている。
その法律は『中小企業金融円滑化法』だ。

住宅ローンに困っている個人が条件変更の申請をしたら、それに応じる『努力義務』を課しているそうな。金融庁によると16万件の申請のうち12万件に応じているとか。

住宅ローンの支払いに困ったら減免のお願いをしよう!金融機関にはそれに応じる努力義務があるのだ。応じる義務ではなく、努力する義務ってのがアレですが・・・。


nikkeiより
「中小企業金融円滑化法に基づいて住宅ローンの利用者が金融機関に返済条件の変更を申し込んだ件数は2009年12月の同法施行から11年3月までの累計で16万7554件となった。」

収入減での住宅ローン減免方法とは、ズバリ『中小企業金融円滑化法』なのだ。
posted by 審査パス at 01:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 最近の住宅ローンの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

住宅ローン審査と金利

住宅ローン審査

最近の住宅ローンの話題といえばサブプライム問題。審査の甘いこの住宅ローンのおかげで世界中が不況になりつつある。

でも、逆にその不況のおかげで金利が下がり始めている。数年前は「今後は金利が上がるから住宅ローンを組むなら今!」見たいな言い方もあったが、結局それほど住宅ローン金利は上がっていない。

金利が低いと借りやすさという点では、ある意味ラッキー。
だが、住宅ローン審査は決して甘くはならないだろう。
posted by 審査パス at 01:05| Comment(37) | TrackBack(0) | 最近の住宅ローンの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

住宅ローン金利上昇

銀行4行が住宅ローン金利を上げます。

市場金利が上昇しているため、4行はそろって固定型の金利を年0・1〜年0・25%引き上げる。

 2年物は、三菱東京UFJ、三井住友、りそなの3行が年3・20%で並び、みずほは年3・15%となる。5年物は、4行とも年3・75%に引き上げる。

 10年物については、三菱東京UFJは年4・20%、みずほは年4・15%、りそなは年4・10%、三井住友は年4・05%となる。


上がってきましたね・・・。
posted by 審査パス at 00:44| Comment(1) | TrackBack(1) | 最近の住宅ローンの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

住宅ローン審査甘い?ソニー銀行

住宅ローン審査が甘くなるのかな?なんて考えは甘いかな?
ソニー銀行がセブン銀行と住宅ローンで提携・取り次ぎする
との記事が日経ネットにあった。

 インターネット専業のソニー銀行がセブン銀行と住宅ローンの取り次ぎで提携した。セブン銀行の有人店舗にソニー銀行の住宅ローンの申し込み書類などを置き、セブン銀行は取引をソニー銀行につなぐのだという。ソニー銀行が住宅ローンの取り次ぎをソニーグループ外に委ねるのは初めて。
 セブン銀の有人店舗はイトーヨーカドーの一角に千葉県と東京都に2つずつと埼玉県に1つの計5カ所ある。ソニー銀の住宅ローン残高は2006年12月末で2540億円。前年同期比で30%増えた。07年3月末は2700億円を超す見込みだ。だが、ネットだけで住宅ローンを販売するビジネスモデルでは、大手銀行などと比べて知名度で劣る。ソニー銀は知名度向上をめざし、個人の目に留まる有人店舗での販売を強める。ネット以外の販売網を増やすことで顧客層のすそ野を広げたい考えだ。今後はセブン銀以外の金融機関とも提携を進める方針だ。

ネットだけでは限界を感じたということか。でもソニー銀行自身ではあくまで店舗は作らない、と。ぐんと契約を伸ばしたいのだろう。ということは今のソニー銀行は住宅ローン審査が甘い?・・・いや、それはどうかな?
posted by 審査パス at 21:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 最近の住宅ローンの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

住宅ローン「フラット35」の4月の適用金利

住宅ローン「フラット35」の4月の適用金利。

取扱328機関の平均は前月に比べ0.077%低下、3.018%になった。2006年3月以来、約1年ぶりの低水準である。これは長期金利が低下したのを受けて、金融機関の調達金利にあたる提示金利を機構が前月より0.13%低い2.76%に下げたのが影響したとみられる。平均金利が低下するのは2カ月連続となる。
posted by 審査パス at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の住宅ローンの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

住宅ローン「フラット20」が登場する

住宅ローン「フラット35」ならぬ「フラット20」が登場する!?

住宅金融支援機構は「フラット35」を見直すと正式発表した。現在は返済期間15年から35年まで一律の固定金利だが、20年までは金利を少し下げる検討をしているとのこと。今夏にも、20年以下は金利が割安になる「フラット20」(仮称)を導入する考えを示した。

住宅ローン審査に通ったとよろこんでいるあなた。あと数ヶ月待つと新たな選択肢が・・・。
ラベル:住宅ローン 審査
posted by 審査パス at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の住宅ローンの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

住宅ローンの情報源、本気になる前はネット中心

住宅ローンの情報源は、購入の検討をしているうちはネットが中心だが、買うことが決まってくると住宅会社の情報も入手し始める。(住宅金融公庫しらべ)

調査対象
・住宅ローン利用予定者 4108人
・住宅ローン利用者 4231人

住宅ローン情報の入手先
・利用予定者
  インターネット63.6%
  住宅販売授業者23.6%
・利用者
  インターネット46.0%
  住宅販売授業者44.1%

《以下引用》
http://www.nikkeibp.co.jp/news/const06q3/511403/
住宅ローンの情報源で最も重要なのはインターネットだが、住宅を建てたり買ったりすることが本決まりになると、住宅会社も重要な情報源になる──。8月11日に発表された2006年度の「住宅ローンに関する顧客アンケート調査」の結果で、このようなことが明らかになった。
 調査を実施したのは住宅金融公庫で、インターネット調査会社のモニターのなかから、住宅ローンの利用予定者4108人と利用者4231人が回答した。
 住宅ローン情報の主な入手先を尋ねると、いずれもトップはインターネットだったが、利用予定者の回答では63.6%を占めたのに対し、利用者の回答では46%と、やや少なかった。
 一方、住宅販売事業者は、利用予定者の回答では23.6%だったが、利用者の回答では44.1%と、インターネットに次いで重要な情報源だった。
《引用おわり》
ラベル:住宅ローン 情報
posted by 審査パス at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の住宅ローンの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

住宅ローンはネット申込が割安!

住宅ローンがネット申込みで割安になるサービスを住宅ローン各社が始めそうだ。

日経住宅サーチより引用
りそな銀行は5日からネット経由で住宅ローンを申し込むと借入期間中の金利を通常より1%優遇する。住友信託銀行はネット取引口座を開けば住宅ローン金利を1.5%優遇するサービスを始めており、各行にも広がりそうだ。
とのこと。

ネット申込みにすると経費が削減できるのでしょうね。究極はSBIモーゲージ、グッドローンでしょう。ネット専用ですから住宅ローンの理想形です。住宅ローンの審査もネットと郵送で済むし。きっと審査基準が明確にきっちり数値化されているのでしょうね。コンピューターでパパっと出るんですよ、きっと。とにかく経費削減。面談もなし!みたいな。

みなさん!住宅ローンはネットですよ!

ネットでの住宅ローン審査でノウハウを蓄えているのは、SBIモーゲージのグッド住宅ローン
だと思うんでお薦めさせていただきます目ぴかぴか(新しい)
posted by 審査パス at 13:08| Comment(0) | TrackBack(3) | 最近の住宅ローンの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。